トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

人の幼稚園生が犬の幼稚園に!

犬の幼稚園の生徒さん向けに、
人間の子どもと慣れるプログラムを実施しました。

子どもには、イマイチその愛らしさが伝わらない…(?)
フレンチブルちゃんが3頭。(その魅力は大人向き?)
パワフルなウエスティと生まれたときから一緒で、
今も私の愛犬リンリンと仲の良い、人間ランラン3歳。

私の小学校時代からの親友のランランママもドキドキ、
私も初の試みでドキドキでしたが、
飼い主さんが、子どもに興味津々のワンちゃんたちの興奮を「オスワリ」のコマンドでコントロールしました。
最後はボールを投げたりして、仲良く遊べてよかった~♪

犬と人間が共生できる社会づくり。
これがこの幼稚園を通して実現したい目標です。
長い目で見て、それには、子どもたちが犬と親しんで犬を好きになることも重要だと思っています。
そして、大人たちが、子どもに、犬への接し方(犬の頭上に手をださず、横からゆっくり近づいてのどの下をゆっくり撫でてあいさつをする)を教えていけば、犬も子どももびっくりするようなこともなくステキな関係作りの第一歩となるでしょう。

以前、「動物介在教育」(AAE)に関して取材をしたことがあり、私もいずれこの分野にも関わっていきたいと夢見ています。

IAHAIOという学会の過去の発表でも、
動物と暮らした学級の子どもは、
◆自主判断能力UP、集中力UP
◆攻撃性Down
◆ケンカの際に仲裁に入る生徒が増えて児童同士の親睦深く
なんてことがデータで証明されています。

ドイツでは、子どもの「クオリティオブライフの向上のため」に、9割の親が犬を飼う必要を感じているのだとか。

動物と暮らす人の医療費は、飼わない人よりずっと低いとも。

ランランと、参加ワンちゃんの記念撮影写真を添付します。
ランラン、ありがとう!!! 名講師でしたよ!Ran Dsc00751

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショードッグのトレーニング

「愛犬の友」プードル特集の取材で、8月24日に富士山麓で開催されたドッグショーに行ってきました。

ショーでは「コンチネンタルカット」というアメリカで一世風靡した、いわゆるプードルカットが主流。ちょっと人間ぽくもあり・・・。不思議な生き物に見えます。
そもそも、水猟のお供をしていたプードル。
水中で浮きやすいように、四肢と尾の先を丸く浮き輪のように、心臓を水中で守るために胸はフワフワに、というカットをはじめたそうな。
でも、水に入らないショーでそのカットって・・・。
なんて、ショーは私には少々畑違いで理解に苦しむのが、ホントのところです。

さて。ショーであらためて気付いた点!

ショードッグは、決して「オスワリ」をしません。せっかくのセットが崩れてしまいますから…。スタスタと歩いて審査員にアピールをする際は、ハンドラーはおもちゃを片手に犬たちのテンションをあげて行きますが、おもちゃを見ても決して自発的なオスワリやフセなどしません。また、すくっと美しい立ち姿をキープするため、足跡と同じ大きさの印に足をのせてじっとしている練習なんかもしています。

こちらの幼稚園では、ドッグランなどでほかの飼い主さんに飛びついて迷惑をかけないよう、犬たちには、おもちゃを見せると自発的にフセをするように教えていますが…。

また、ファイナリストに残るプードルの色は、「ホワイト」「シルバー」「ブラック」ばかり。「アプリコット」はショーの世界ではあらゆる面でまだまだといったところだとか。

トレーニングといい、容姿といい、ホント家庭犬とはまるで違う世界だわ!!!Poo Po3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K9ゲーム入門講座

7月終わりのことですが・・・。

「K9ゲーム入門講座」(講師:中西典子さん)を開催しました。

これから、きっと「K9ゲーム」はブレイクしていくでしょう!

トレーニングがドキドキのゲームに!

けれどもほかの競技会と違って、鬼気迫る感じがなく、

ちょっとほのぼのと楽しいところが魅力だと思います。

椅子とりゲーム、なんだかなつかしいなぁ~。

愛犬と一緒じゃなくても、燃えるかも!?

K9ゲームでは、ワンちゃんたちが「オスワリ」・「マテ」をして始めて、飼い主さんは椅子に座れます。

今後も、第二弾などを企画してお知らせしますので、お楽しみに♪

Img_1673

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬の幼稚園はじめました~

ブログデビューです!

2007年6月1日に、東日本橋で犬の幼稚園(&輸入の犬グッズショップ)UrbanPawsをスタート。

今は、フレンチブル3頭、ミニピン1頭が通っています。

犬と過ごす時間はとても楽しい。

そのあたりの話題は追々・・・(笑

で。今日は、備忘録も兼ねて。

6月6日に、私が家庭犬の出張訓練を学んだオーストラリアのDOGTECHのジョン・リチャードソン師匠が、ドッグテックジャパンのみなさんとショップを訪れてくれたときの写真を添付します。

出張で来日ついでに開店祝いにかけつけてくださり&馬喰町のデニーズで相変わらずのリチャードソン節を炸裂させてくださり、ありがとうございました!

ジョンに学んだことをこの施設や出張トレーニングで活かして行きたいと思います!

写真に写っているのは、ドッグトレーニング留学中の豪州でブリーダーさんのところから連れてきた、ノーリッチ・テリアのリンリンです。ジョン、おかげさまで2歳になりましたよ。NSW州法により断尾していないので、ふさふさのシッポがチャームポイントです♪ぐふ。

Img_6572

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年9月 »