« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

幼稚園の仲間たち♪11月28日現在

今、幼稚園に通っているワンちゃんたちをご紹介します!

1_2 Img_1311 St

Tbo Ruru Ttch Img_2251 HanachanHaro

Sakur

| | コメント (0)

元環境省副大臣へのインタビューに行ってきました

さきほど、元環境省副大臣のインタビューに行ってきました。
参議院議員の風間ひさし代議士です。
風間先生が中心になって行った、昨年6月に改正された動物愛護法についてと、
理事である NPO法人 日本社会福祉愛犬協会の、
犬の散歩時に地域防犯のためにパトロールするという、
「犬のおまわりさん」の活動についてうかがいました。

犬のおまわりさん、いいですね~。
私も愛犬リンリンにバンダナつけて「防犯パトロール中」って、やろうかな?
犬を飼っていない人に、いかに犬に親しみを持ってもらうか・・・。
これも、Urban Pawsの活動の課題でもあります。
犬と犬の飼い主が社会貢献をしていくのは、意義深いこと。
犬と人間が共生できる社会を目指して、邁進するぞっ!

動物愛護法といえば、私が気になっていた
マイクロチップの件が話題にあがったので、
日本でも犬にマイクロチップを義務化してもいいのでは?
と、ご提案させていただきました。

愛犬リンリンは、オーストラリアから来ました。
豪州や米国などでは、マイクロチップが法律で義務化されています。
メリットは、
◆(災害時など)迷子になったときに、飼い主のもとへ戻ってくる確率が格段にUP
◆飼い主の身元がわかるので、捨て犬や捨て猫が減少
などがあげられます。

迷子札では、散歩していない室内でははずしている可能性も大。
災害時にそのまま逃げてしまうと、迷子札では意味がありませんね。

体に異物を混入させるので健康面で被害が・・・
なんて心配は、ありません。
犬は15年と寿命が短いので、生きている間はその悪影響は出ないといわれています。
人間だって、骨折時にボルトを入れたりしますからね。

何事も、メリットとデメリット両面を備えるもの。
私は、マイクロチップはメリットのほうがはるかに大きいと思っています。
地道に普及活動をしていこうっと。(※獣医さんで5000円ほどで入れられます)

あ、この人物インタビュー記事は、
「愛犬の友」1月号(クリスマス発売)にて。

ちなみに、こぼれ話ですが、議員宿舎はペット禁止だそうです。ハムスターでさえ…。

さて、そろそろ本の執筆活動に戻りますか~。
残りあと15ページです!

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »