« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

「BUHI」最新号へのエッセイ寄稿~動物愛護とは~

フレブル雑誌「BUHI」最新号に、動物愛護に関するエッセイを寄稿させていただきました。

「動物愛護に関して思うところをなんでも書いてください」という小西編集長からのご依頼に・・・、頭を抱えました。なんていっても、テーマが大きすぎる! なにを書こうか・・・。

ほかに、マルコ・ブルーノさんや、友人の川野なおこさんも寄稿すると聞き、ならば私にしか出せない「カンボジア」ネタにしようと。

先日の ONE LOVE ACTION! の講師としてお話したネタではない部分で書くことにしました。んが。執筆には苦労してしまいました。なんといっても、テーマが「大きな」ことなので。深夜のチョコレート、どれだけ消費して書いたかしら(笑)?

ま。そんな苦労話はきっと読んでいる方にはどうでもいいと思いますので(笑)・・・。

そのエッセイにまつわる写真(雑誌では掲載できなかったので)をここで添付しておきます!(※ちなみにモノクロフィルム現像もプリント(暗室作業)も自分で行った写真です)

カンボジアの、電気も水道もない農村での「犬と人との共存生活」です。

A B

| | コメント (0)

チョコレートでチョコッと事故・・・

わたくし、今、左手の薬指に包帯巻いております。

んで。
今日はJAPDTの(ペットドッグトレーナーズ協会の)カンファレンスに行ったら、
会う人会う人(鳴海先生とかトレーナーの水野メイちゃんとか・・・)に
「指、どうしたの?」って聞かれました。
ははは。
犬に咬まれたと思ったんだと思う。

しかし、答えは・・・
チョコレートビスケットにガブッと激しく食いついたため(←私が)、
半分割れて落下しそうになり、
「おっと~、床に落ちたらピラニア(←ノーリッチ・テリア’s)たちの餌食になる! 受け止めなきゃっ」と両手を受け皿にしようとしたところ、
右手でガッツリ左手をパンチして・・・
「つき指」してしまいました。

いや~、かなり腫れてるけど、こんなんで病院行くのもアホくさいので、
5年前の湿布はりつつ。民間療法で治療ですな。

だって。
オーストラリアの「TIMTAM」、激ウマなんだもん。
日本じゃ高いから、ピラニアにとられたくない(チョコレートは犬に危険だし)じゃんっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ONE LOVE ACTION!の講演をとおして・・・

今日は「ONE LOVE ACTION!」の講師を務めさせていただきました。

講演内容は「世界の犬事情~アニマルシェルターを取り巻く現状から考える~」。

ONE LOVE ACTION!とは、フリーマガジン「ONE BRAND」が主催するワークショップで、捨て犬を減らすために自分たちでできることを考えて、アクションを起こそう! というもの。
受講者の方々との時間では、すごくいい経験をさせていただき刺激になりました。
「こんなにも、捨て犬を減らすための活動に意欲を燃やして自分にできることを探って、具体化しようとしている方がたくさんいるんだ!」と、感激しました。

事前に参加者20名の方からの質問をいただき、それを講義内容に盛り込むように心がけましたが、まだまだ、今日の40分間のトークでは伝えられない思いがたくさんあり・・・。
全部の質問にも答えられないもどかしさも持ち帰ってきましたので・・・。
こうして、ブログで補足などさせていただこうと思います!(今後も続きます)

今日の講演をとおして、「日本というこの国で、何ができそうか」を探れるヒントを提供できれば幸せです。
私はこれまで海外20カ国をまわって世界の犬事情を見てきましたが、海外に行けばいくほど、実は日本のいい部分にもあらためて気づかされます。たとえば↓

◆衛生観念がすぐれていること(ウンチを世界でもっとも拾う国民だと思いますし、おしっこあとに水をかけるなど、すばらしい!)
◆日本人は気質が穏やかで生命全般に対してもやさしいところ
◆ごく少数の民族で成り立っていて、まとまりやすいところ

日本人は、料理にしても、なににしても、海外からいい部分をほどよく取り入れて日本風にアレンジするのが得意な国民だと思います。
アニマル・シェルターや保護活動にしても、世界各国のすぐれたポイントを取り入れたうえで、日本のすぐれた面を織り交ぜて、上手に日本人になじむ新たな動物愛護文化を作り出せればいいと思います。

ところで。ほかの国には、日本ほどめまぐるしく変わる犬種ブームはありません。
日本人は「流行」に飛び付きやすい特徴があるということですよね。ライフスタイルにあわない犬種なのに、ブームにつられて飼いはじめるのは共感できませんが・・・。
でも! 逆にこういった日本人の特性を活かせば、「殺処分ゼロの国」を実現したり、アニマル・シェルターから新しい家族の一員を引き取ることがメジャーになることも、スムーズに「流れに」乗せられると思うのです。
アニマル・シェルター先進国のアメリカですが、実は殺処分は年間250万頭ともいわれており、日本の殺処分数10万頭をはるかに上回っています。それはなぜか? アメリカは移民が多く住み、国土も広く、他民族国家で、貧富の差が日本より激しく…。「まとまる」のが困難なバックグラウンドがあるからだと思います。ところが、殺処分ゼロを実現したドイツなどは、さほど民族も多くなく、国土も広すぎない。つまり、日本と似ていて「まとまりやすい」国民なのだとも思います。
だから、(それだけが理由とはいえませんが)たとえばドイツのように、日本で「殺処分ゼロ」を実現するのはむずかしくないのはないでしょうか?

ちなみに、今日の講演で(時間がなくて)話せなかったのですが、福祉国家として名高いスウェーデンのアニマル・シェルターには、犬がほとんどいないそうです。国全体の犬の避妊去勢率がすごく低いにもかかわらず!ですよ。
ロサンゼルス市で今年から施行された「生後4ヶ月までの犬に去勢避妊手術を義務化」という条例などなくても、犬の数が増えすぎず、捨て犬も少ないのが、スウェーデンなのです! う~ん、これぞ、理想の姿ではないでしょうか?

そもそも捨て犬がいないから、アニマル・シェルターが必要ない。そして犬が、家族の一員であることはもちろん、社会の一員として受け入れられしあわせに暮らしている。

そんな理想的な社会の実現に向けて・・・
「できることはなんだろう?」

私自身について考えれば、ドッグ・ジャーナリストとして、最新の情報を取材し、書いたり話したりして伝えることがひとつ。
もうひとつは、「犬の幼稚園」で子犬の社会化を行うことと、「しつけインストラクター」として出張カウンセリングを行い、飼い主さんと犬の信頼関係づくりのお手伝いをすること。
これらの活動が、「扱いにくくて捨てられる犬」を減らすことにもつながると信じて続けています。
飼いやすく、社会でも愛される犬が増えていけば、日本でももっと犬の権利が向上するはずです。

また、動物愛護の精神を根付かせるには・・・。
そのあたりは、次回のブログに書いてみることにして。と。

今日は、受講者のみなさま、そしてこうして私が世界各国で集めた情報と知識を多くの方に「スライドつきのトークショー」で伝えられる場を設けてくださった「ONE BRAND」のみなさま、ありがとうございました。

|

愛犬ノーリッチ・テリアとの「避暑体験」

「今さらジロー♪」(Byルミコ)なネタですが・・・。

お盆休みに、ノーリッチ・テリアの愛犬リンリン&ミィミィと避暑地に行ってきました。
実はこの、「避暑地」っていうのがポイント。
なぜなら、私は夏が大好きで、光合成が心地よくて、
(もちろん、日傘なんて持ってないし差したこともないよん)
わざわざ「避暑」なんてしたことがないのです。
冬には暑さが恋しくて、わざわざ東南アジアに「避寒(?)」してるくらいでして・・・。

てなわけで、生まれて初めて、キング・オブ・ザ避暑地「軽井沢」に行ってきました。
といっても、2泊、新潟の妙高高原に滞在し、
そのあと帰りに立ち寄っただけですが(笑)。
まずは自転車を借りて、2頭を自転車のカゴに。
白樺林を駆け抜け、池のまわりを散歩し、川遊びをし・・・。
初の避暑地体験は犬がいてこその、楽しさ!

Rimg0219_2 

妙高高原では、ケーブルカーに犬と乗り(犬連れ公認です)、
涼しく、芝の美しいスキー場をロングリードでウキウキと散歩。
夏が苦手なノーリッチ・テリアを飼ってしまったから、
いや、飼ったおかげで、高原リゾートを満喫できました。

Rimg0193_2 

ちなみに新幹線利用だったので、
JRの手回り品切符(270円)を2枚買い、
(※国内はどこまで行ってもJRは270円)
1頭はクレート、1頭はキャリーバッグに入れっぱなしで移動しました。

いやいや、この夏は犬のための旅行地選びでしたわ。
犬がいると、ライフスタイルって変わるものですね~。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »