« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

ONE LOVE ACTION! 講師をしてきました

一昨日、ONE LOVE ACTION! の講師をしてまいりました。
第1期に続いて2度目の同じ内容の講義
「世界の犬事情~アニマル・シェルターを取り巻く環境から~」です。

今回も、受講生のみなさんの質問内容のレベルの高さには驚きました。
きっと、こういう意識を持つ方々が日本の幸せな犬を増やしていくと信じられます。

そして、なんとしたら日本でも捨て犬が減らせるか、
しあわせな犬が増えるかを真剣に考えディスカッションする姿勢に、
私自身も大きな刺激を受けました。

以前、ARKのオリバーさんへのインタビューで
(「愛犬の友」2009年1月号に掲載)
スウェーデンではペットドッグの避妊・去勢がポピュラーではないのに、
アニマル・シェルターには収容犬がほとんどいないと聞きました。
そういった環境は理想的ですが、日本で実現できるかどうかとなると、むずかしいかもしれません。

となると、やはり法規制が必要になるのでは?
ドイツで殺処分ゼロを実現できているのは、やはり法律がきちんとしているから。
その決まりを守ると、
◆繁殖家であってもたくさんの犬を飼育できない
◆母犬の生涯の繁殖回数が限られているから犬の負担が少なく、QOLも高い
◆生後8週未満の子犬が親きょうだい犬から離れることはない
◆命を守り育てることに対して無責任な飼い主はまず犬を飼えない(犬の衝動買いが不可能)
ということになり、不幸な犬が減るというわけです。

日本でも、動物愛護法の改正時期が近づいています。
前回の久々の改正では、生後8週以下の子犬の販売を規制することなどはできませんでした。
子犬の社会化の大切さを日々身にしみて感じる、犬の幼稚園の園長としては残念ですが、でも、日本でも徐々にドイツやイギリスなどの法律に近づいていくでしょう。
なにごとも、いきなりは実現できません。
少しずつでも、一歩一歩、前進していければいいと思っています。
そのために、私も、世界の犬事情を取材して情報を発信するなど、できることをしていきまます。

ちなみに、ONE LOVE ACTION! 主催のONE BRANDのWebで書いた、オーストラリアのアニマルシェルター事情や、捨て犬を保護して飼っているタイの王様の記事などはこちらをご参照ください。
http://www.onebrand.jp/sub20.php

また、2月25日発売の「愛犬の友」では、写真9枚つきで「Parisの犬事情」の記事が掲載されます。

最後に!
ONE LOVE ACTION! の夜間講座「第3期」の募集はこちら↓
私ももちろん、世界の犬事情の講義を担当します。
http://www.onebrand.jp/100114_1651.php#more

|

新年会しました~

いまさらジロー♪ ですが。

この間、うちの犬の幼稚園UrbanPaws1Fで新年会をしたメンバー
中西典子ちゃん川野なおちゃんが
それぞれのブログにその日の模様をUPしているので、私もそうしておきます(笑)

このメンバーは、なかなか人生経験が濃い(!?)ので、
犬の話以外でもすごく盛り上がります。

そして私もかなり「オトコ度」が高いと思うのですが、
あとの2名も、相当な「オトコマエ」かもしれません。
なんだか、女3人で飲んでる気がしない飲みなのです。
楽しい♪

さて、その飲み会で中西さんが宣言してた今年のコンセプト
「受け入れる」。
私も便乗しちゃおうと思います!

自分の親兄弟や子どもや配偶者、そして愛犬など。
身近にいる存在にはとくに、「受け入れる」よりも、
「受け入れて~」という欲求と主張のほうが高くなってしまいがちでは?
そして、愛犬になると、トレーニングをすれば自分の思うようにコントロールできると思いがちかもしれません。
犬に限らず、みんな「個性」を持っています。

相手を「受け入れる」ことから、
きっと「受けれ入れてもらえる」ようになり、
心が通いはじめるのだと思います。

そうそう、中西さんから「ノーリッチ・テリア」携帯ストラップをプレゼントしてもらいました! ・・・っていうか、ノーリッチグッズは珍しい。実はウェスティを茶色く塗ったのだとか! きゃ~、なんてお茶目なの~中西さん。ありがとう♪

| | コメント (0)

13日(水) テレビ朝日 出演のお知らせ

13日(水)、テレビ朝日の深夜番組「シルシルミシル」に出演します!

調べる課というコーナーで、犬種の特性などについてほか3名と討論をしました。

そのおひとりは、10年近く前からお付き合いのある 青山ケネルス の吉澤さん。

以前のご愛犬であったアイリッシュ・ウルフ・ハウンドの愛ちゃんの写真を撮影する仕事を通して知り合い、ご自宅でおいしいお菓子などをいただきながら犬談義に花を咲かせたのを思い出します。

あれからもう、8年ほどの月日が経っていたとは! 収録当日までお互いが顔をあわせることを知らず、「あ~、久しぶり~」ということになりました。こんな再会の場をセッティングしてくださった「シルシルミシル」のスタッフの方々にも感謝です♪

さて。収録内容は詳しくはまだ書けませんが、討論をとおして、犬種ごとに本当に特性は違うものだな~と、改めて実感しました。自分にあった「性格(おとなしいか気が強いかなど)」、「運動量」、「手入れ法」などを把握したうえで、犬を飼うことは大切です!

自分に似ているものは受け入れやすいので、犬図鑑などを見ていて「この性格、似てるかも」と思うようであれば、ベストパートナーになる可能性は高いかもしれませんね。

私は昔から、大のテリア好き。私に性格が似ているので、イラッとこないんですよ(笑)。

「テリアっつぅのは~♪ テリアっつぅのは~♪ 

石橋決して叩かない~♪

失敗しても1秒後に忘れる~♪」

と、「あらびき団」等で歌う どぶろっく さんのメロディーに乗せて、ひとりで歌詞作って口ずさんでみました。(※すみません、「シルシルミシル」の裏番組でした・・・「あらびき団」)

あ~ぁ、それにしても。先週の「ぷっすま」同様、収録より観るときのほうが緊張するものです。

ちょっとドキドキしてきました・・・。

| | コメント (0)

ノーリッチ・テリア プラッキング

昨日の「ぷっ」すま、
出演しているときよりも放送を観ているほうが緊張するものですね(笑)。
せっかく飼い主が出演しているというのに、我が家の2頭の犬たちは全然反応しませんでした。
ミィミィは、犬がテレビに出ていると近寄ってじっと見ているコなのに・・・。

実は来週13日も、テレビ朝日の23時15分~「シルシルミシル」に出演します。

さて。我が家のノーリッチ・テリアといえば。
年末年始は実家にリンリンとミィミィを預けていました。

預けるからにはキレイにしておかないと・・・、ということで、ずっとプラッキングをお願いしている高日大照さんのいるAmiciへ。ぎっくり腰が完治するまで、2頭をキャリーバックに入れて運べなかったのでトリミングはなんと3ヵ月ぶり。
かなりボサ子になってました・・・。

以下は、仕上がったノーリッチ・テリアたちが載っています↓

http://ameblo.jp/amici-dog/entry-10418586051.html

ちなみに、実家から帰ってきた犬たちは、とても甘やかされたので日ごろ守ってもらっている家族のルールがゆる~くなっていました(笑)。
テーブルについているとおねだりをして手をかけてきたり、ソファにドカンと飛び乗ってきたり。
しつけは、継続が大切だなぁ~と実感します。

でも、今回は甘やかされてていいんですよ。犬たちにとっても旅行みたいなものですからね。
また「ううん、うちのマナーと公共のマナーはこうだったよね」って、しっかり思い出してもらいますので。一度覚えたことは、思い出すにも早いもの。
犬って、一度築いた信頼関係は早々崩れないすばらしい生き物だと思います。

たとえば、一度習得した英会話能力も、ずっと英語を使わないとレベルが下がって忘れていきますが、犬のしつけも同じで、ずっとゆるめっぱなしではいけませんけれどもね。

けれども最近は海外に出ていても、いつもうちのコたちはどうしてるかな?って考えてばかり・・・。帰国が待ち遠しくもなってきて、犬がいないときの旅行と全然違うわ。

| | コメント (0)

1月5日のテレビ朝日 出演のお知らせ

新年あけましておめでとうございます!

私は、モノクロ写真集『うみいぬ』の撮影の地、タイのサメット島で元旦をすごしました。

島は来るたびに開発が進んでいますが、パウダーサンドが美しいビーチ沿いのバンガローで「放し飼い」されている犬たちが、数年前と同じように自由な姿で迎えてくれました。

早朝と夕暮れ時には、隣り・・その隣り・・・そのまた隣りのバンガローの犬仲間同士、海辺を駆け巡りじゃれあって遊んでいます。私も仲間に入れてもらいたい!(笑) でも、とても犬たちのスピードには付いていけません。もし犬に生まれ変わるなら、サメット島がいいなぁ~。

さて。前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。

1月5日深夜、テレビ朝日の「ぷっ」すま に出演します。

ドッグジャーナリスト&犬の幼稚園の園長として。

放映前なのでこれ以上は詳しく言えませんが、10~15分くらいの出演となるそうです。

今日もガッツリ日焼けして黒くなりましたが、テレビ出演ではしっかりお化粧して、「犬に詳しいジャッジ」の役割だったため、大学の卒業式以来十数年ぶりに「てっぺんが四角い帽子」(←なんていったかしら?)をかぶって登場します。

みなさまにとって、2010年がよい年となりますよう、やわらかい表情でくつろぐ海辺の犬たちを眺めながらお祈り申し上げます。

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »