« 新設コースのご案内 | トップページ | 「お困り行動改善コース」を新設! »

犬が車を運転・・・・・保護犬のこと

今朝の「スッキリ」を見ていて、びっくり!
犬が車を運転していました。

ニュージーランドSPCA(動物保護団体)が、
保護犬が新しい飼い主を見つけやすくするため、
犬の賢さをアピールするために始めたのだとか。
7週間のトレーニングで、
犬が操作
しやすく改造された車を運転できるようになるそうです。

(※詳細はNHKの以下の記事をご参照ください。
  ↓
  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121207/k10014017971000.html )

イギリスで王立として創設され、
今では世界各国に支部のある「SPCA」は、
犬のトレーニングに力を入れています。
しつけされた犬との暮らしが、
飼い主も犬も幸せにするからです。

実はUrban Pawsは、
保護犬を何頭も受け入れてきました。
一時預かり中のワンちゃんを無償でトレーニングしたり、
保護犬を受け入れた飼い主さんだけに
スペシャルな「保護犬割引」をご提供していたりもします。

なぜ?
それは、過去に過酷な環境で暮らしていた保護犬は、
なんらかの「苦手」を抱えていることが多いものです。
トレーニングや遅めの社会化には時間がかかります。
シニア域に入っているワンちゃんもいるのでなおさらです。
それでも、
「少しでも苦手なものを減らして自信をつけて、
 一緒に幸せに生きていってもらいたい」と、
飼い主さんは幼稚園への入園を希望されます。
お役に立ちたいと、心から思います。

たとえば、「マテ」を強化することで
精神的に強くなって自信がついたりします。

遅めの社会化も、少しずつですが効果を発揮しています。

ニュージーランドSPCAの取り組み、
なかなか斬新ですね!
「すご~い。いいな」と、思いました。
(↑物を書く仕事もしている人間とは思えないボキャ貧・・・
 実はビール片手の夜ですので・・・)

|

« 新設コースのご案内 | トップページ | 「お困り行動改善コース」を新設! »

海外犬事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新設コースのご案内 | トップページ | 「お困り行動改善コース」を新設! »